FC2ブログ
 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GRの感想を真面目書いてみた

GRの感想。考察?

色々自分のおもうこと書いてますので
偏りがあるとおもいます。
大丈夫だよ!って人だけ見てください( ´ ▽ ` )

長いので追記の方に載せてます。


GRの同人から一旦遠のいて15日オールナイトで全話みた今なら
ちゃんと書けるんじゃないかとおもって書いてみました!


GRの内容を真面目に考え出すと
大作君と幻夜で考えてしまいます。

私はどうしても幻夜をみてると
なんとも言えない感じになります。
それは幻夜が凄く生の人間っぽいからなんですが
それもあって結構同調しやすいとおもいます。
結構幻夜側から見てる人多い気がするので。


幻夜についてなんですが、
父ちゃんのことで復讐~って言うのを
言ってますけど、それを見てると
父ちゃんのためって言ってるけど、結局幻夜自身が
シズマ博士達を、
許せなかっただけだとおもうんですよ。

父親がそう望んでるっぽいこと言いますけど、
途中で父は地球のことを一番に考えてた的なこと言いますよね
(夜にグラス片手に椅子に座ってるシーンね)
そうなら、また地球を静止させようなんて
おもわないとおもうんですよ。
子供の頃の回想シーンみててもそれをおもうんです

幻夜自身もそれには気づいてるとおもうんです
だから雪山の時に大作君助けたり
上に書いたようなセリフを言ったんじゃないかなって。
その父の考えがちょっとわかってるから復讐なんてものが
駄目なのもわかってるんだけど
やっぱり幻夜の中で許せなかったじゃないかと・・・


それで幻夜見てると、う~んっておもうのが
その許せないのを父ちゃんのせいにしてるなんだよね。。
死人に口無しって幻夜自身言ってるけど、まさにそれだよ。
死んだ人のせいにしとけば、自分を正当化できるし。(ちょっと言い方悪いかな)
真実より人の思い込みの方がはるかに強い時があるんですよ
そう思い込むことで救われるというか、、そんな感じですね。

で、最後のシーンの「ちゃんと言い残してくれなかったんですか!」って
とこですよ、結果的によかったですが、
復讐しなくてもよかったですし、ちゃんと言い残してくれてたら
幻夜はすんなりシズマ博士達を許せてたんだとおもうんですよ
でもね、単純に考えると親が子供に復讐なんてやってもらいたいとおもうかよ!
なんですよねぇ…

大人になると単純に考えたり行動したりできなくなる。
損得や駆け引きや色んな事を考えたり
良い意味でも悪い意味でも大人になるんです

ここで大作君です。だから大作君側から見る人って少ないんじゃないかな。
見てる人が大人だから。
(私の周りは大作君の考えや行動に疑問?違和感?持ってる人の方が多かった)
大作君みたいに、シンプルに一途に考える人
なかなかいないだろうね。
でもそこで大作君の12歳っていう子供って設定が
上手く支えてるんじゃないかとおもいます。
大作君も父ちゃんなくなってるから一途におもえるのかもね。

幻夜みてると自分の嫌な部分みてるみたいで
はぁ…ってなるんだよ。嫌いとかじゃなくて…
凄く自分に刺さる感じだね…
だからどうしても大作君側が良いなぁっておもってしまう。

幻夜は生の人の形ですが
大作君は人がこうありたい、あって欲しいっていう形なんじゃないかね


こういうこと考えてておもったのは
幻夜側で考えて大作君嫌とか
大作君側で考えて幻夜嫌とか
そういう考え方の方が面白いんじゃないかなってこと。。

陰と陽、正負の法則があってこそだなぁって…
私みたいな考え方してると
ある意味、面白みねぇなぁとおもいます。

幸せは犠牲なしに得ることはできないのか?
時代は不幸なしに越えることができないのか?
これ上に書いてあることなんじゃないかな、、

幸せって不幸があってこそ、その価値とかがわかるし
不幸があるから幸せを感じれるんだとおもうよ

犠牲や不幸は少ないほうがいいけどね。

美味しい物沢山食べて満たされるけど
その代わり太るみたいなね。
良いことあれば悪いこともついてくるよ
良いことばかりのぞんでたら、反動で悪いこといっぱいくるし
良いこと続きだと、ちょっとした悪いことでも
凄い嫌なことに感じるしね

綺麗もあれば汚いとおもうものもある
そういう人の色んな価値観があるから
芸術なんかはやってけてるんだしね

ちょっと話それたけど、、感想終わり。
不快におもった方はすみません。(苦情は受け付けないがな)
子供の頃みて全然ついていけなくて
一年前にみてから私はずっとこういう考えでした(^ω^)
スポンサーサイト

| GR | 03:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://xxx0003g.blog137.fc2.com/tb.php/104-ce1bcf3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。